マンション大規模修繕を検討してリニューアルしよう

お金も時間もマンションのおおきい規模修繕は、多くを費やすものです。
まず、押さえておきたいことが大きな規模修繕をする時にあります。それは、「目指すもの」を大きな規模修繕をする時に明確にする事によりす。そもそもマンションの経年劣化に対し大規模修繕 は、躯体を長持ちするように保ち、補強をすることを目的にして行われます。ですけど、大規模修繕に実際に取組むと、 「壁もきれいにしたい」「タイルも張り替えたい」「ロビーをもっときれいに」など、欲がいろいろ出てきてしまうのが普通です。
ここでは、かしこく修繕委員会を運営して、大規模修繕を成功させるために心がけることについて紹介をしましょう。
「本当にその工事が必要か?」という視点を持つ事は、そ うしたコストとのバランスを考えると、いつでも大切なことになります。
「足場がなければできないもの」「躯 体の強度を保つために必須なこと」を優先的に行い、そうした視点で見ると、必要に応じて、数年後でも良い工事は数年後に回す、などの措置も必 要となるでしょう。
確かに新築 のようなキレイなマンションになればおおきな規模修繕によって嬉しいですが、莫大な費用がそのためには必要となりますし、住民の積立金などを費用として使わなくてはなりません。
修繕工事はあくまで新築を目指さず、マンションを補強して強度を保ち、長くつかえるようにする・・・というシッカリと本来の目的を押さえ ておきたいですね。

 

失敗をせずに最大限のパフォーマンスをそれだけに、あげたいものですヨね。


ホーム RSS購読 サイトマップ