マンション大規模修繕を検討してリニューアルしよう

大規模修繕工事はマンションの維持管理にはずす事ができません。
大規模のマンションならばスタンダードに、戸数が多く予算のコンサル料も少ないですが、戸数自体がちいさい規模のマンションのときは少ないため、負担を一戸あたりするコンサルティング料が割高となってしまいます。
そういう事情も勘案しておいた方がよいでしょう。

 

大きい規模修繕コンサルティングに依頼するのかどうなのかを迷った時の判断に関してココでは、紹介をします。

 

コンサルティングとは目に見えないものですから、納得がそのコンサルタント料にできなければ、実際に依頼をする事は難しいでしょう。

 

ただ、プロの視点で「本当に必要な工事」をコンサルを頼む事によって、見極める事ができ、無駄な工賃がかからずに済むということで、相殺はいくらかはできるようデス。

 

依頼するかしないかをコンサルタント料と、実際の大規模修繕工事全体の費用のバランスを考えて、決めるようにしましょう。
金額面が大規模修繕コンサルティングに依頼するデメリットのひとつです。
効率的におおきな規模修繕工事を行うために、大規模修繕コンサルタントをお願いする方法がありますが、専門知識をサポートを持った人に受けられる、中立的なアドバイスを視点でもらえる、といった利点がある反面、残念ながら欠点も存在をします。
大きな金額の予算が大きな規模修繕工事には必要ですけど、コンサルタント料が、工事費とは別に大規模修繕コンサルタントを頼んた場合は、かかってくることとなります。

 

また、マンションの管理組合や修繕委員会がマンションの大規模修繕工事は、メインとなって行いますが、建築関係でそのメンバーのなかに働く方など、 専門家の方が何名かいる場合には、コンサルティングをあえて外部に頼まず、専門知識をもとにその方に意見してもらっても良いかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ