マンション大規模修繕を検討してリニューアルしよう

長所は、施工業者や管理業者から離れたところにバックアップしてもらえるので、何て言ってもより第三者的な視点で適切な工事は何かを判断してもら えるところにあります。
ゼネコンなどの施工の業者や管理の業者にこういった専門家としてのバックアップを頼むことも多いみたいですが、おおきな規模修 繕工事コンサルに別途頼むところもあります。
管理会社やゼネコンに工事の内容に関して提案されても、通常、その工賃や材料費、必要性が本当に適正なものであるかを確認すること が出来ず、鵜呑みにそのままなってしまうことが多いです。ですが、立場はおおきな規模修繕工事コンサルタントであれば中立ですので、住民側の視点によって立って 工事の要否を判断してもらえます。そして、しっかり実際の工事の品質などをチェックしてもらえるのも大きな利点です。
大規模修繕工事コンサルティングに依頼するメリットとデメリットをここでは紹介しましょう。
それに、数多くの事例を見ているコンサルティングに住民への広報の手法や合意 形成の仕方、工事のスケジュールなどについても、相談できるのは心強いですネ。

 

10〜15年に一度「大規模修繕工事」といって、マンションでは外壁や共用部分の工事をおおきな規模にやります。
コレは、「修繕委 員会」をマンションの管理組合が発足させ、おもにその修繕委員会がなってするものですが、専門家の知識で修繕委員会をバックアップし、スムーズに大きい規模修繕工事を進むようにしてくれる のが、大規模修繕工事コンサルです。

 

そして、デメリットはというと、診断や設計をゼネコンや管理会社に頼むときと比較すると、コンサルティング料金が別途かかるところにあります。特 に、一軒あたりが負担するコンサルティング料金が小規模のマンションでは、高くなりがちですので、料金を事前にしっかりと確認しておきたいところです。


ホーム RSS購読 サイトマップ