マンション大規模修繕を検討してリニューアルしよう

大規模修繕工事を成功させるためのポイントである、住民の巻込み方に関してここでは、紹介をしましょう。

 

工事はそんなとっつきづらいことだからこそ業者に頼み、コンサルティングに検査や計画は頼む、というように、ほとんどおまかせの状態で進めてしまうマンション管理組合もあるのだそうです。

 

ですが、住民が望むマンションに本当に現実に即した必要な工事を行ってしていこうとおもうと、外部の業者に任せていては困難デス。
専門家の手も必要に応じて借りながら、適切な工事が行えるみたいに段取りしたいですね。
新築みたいにきれいにするのなら早い話が、簡単ですけど、莫大な予算がそれにはかかってしまうため、優先的にどこをかぎられた予算のなかで直すべきなのか、予 算が足りない場合はあきらめるのか追加で一時金を集めるのか・・・といった事を、判断を現実的にしていかなくてはなりません。

 

耳慣れない言葉、と大きい規模修繕というと思う方がほとんどだと思います。
マンションの共用部分を中心にした修繕工事で、大きな規模修繕工事は10年〜15年ごとに行われます。
どのようにこの大きな規模修繕工事を行うかによって、マンションの資産価値は変わってきます。
自分でマンションを購入をして住んでいなければ、実際、耳にする事もないかもしれませんね。
予算が修繕積立金だけでは足りず、一時金を集めようと思うと、やはり住民の側の反発が強くなってしまうこともあります。
そんなとき、合意形成をスピーディーに行い、大きな規模修繕工事をしていくうえでは協力すべき部分は協力してもらうムードをつくるのも大事な事です。


ホーム RSS購読 サイトマップ